CGWORLD映像制作の仕事展×デジタルハリウッドによるイベント『映像制作を仕事にする理由』第2、3回開催予定

2019年10月28日

スポンサーリンク

CGWORLD『映像制作の仕事展』とCGの専門学校デジタルハリウッドがコラボしたイベント『映像制作を仕事にする理由』が開催されます。

第1回は講師として2019年8月10日に田島 光二氏が登壇されました。来場者はなんと200人。

現在ILMで活躍されている田島氏の仕事内容や来場者へのQ&Aでアドバイスもされていました。

そして、早くも第2弾、第3弾の開催が決定し、既に参加申し込みも始まっています。

イベント『映像制作を仕事にする理由』の第2回、 第3回 について

会場、定員、申し込みサイトについて

会場、定員、申し込みサイトは第2回、第3回も同じです。

会場
デジタルハリウッド東京本校 駿河台ホール
千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F

定員
150名(先着順)  ※定員に達し次第受付終了

第2回 2019年11月17日(日)。登壇者:鈴木 卓矢氏

鈴木 卓矢(すずき たくや)氏

SAFEHOUSE inc. 取締役/背景モデリングSV
鈴木 卓矢/Takuya Suzuki

Senior ArtistとしてBlizzard EntertainmentのCinematics部署で背景のデザインからモデリングまでを担当し多くの作品に携わる。

現在はドイツでArt Directorとしてリアルタイム映像制作で活躍しているErasmus Brosdauとタッグを組んで、SAFEHOUSE inc.を設立。更に自身のスキルアップのためにフリーランスの背景モデラーとしても幅広いジャンルのアセット制作を請けている。

最近では後進を育てる為に自身の経験を基にしたBlizzardと同じ環境レベルでのアーティスト教育をしている。

<代表作>『World of Warcraft』『StarCraft2』『Diablo3』『海賊とよばれた男』『スターシップトゥルーパーズ:レッドプラネット』

第3回 2019年12月8日(日) 。登壇者:森田 悠揮氏

森田 悠揮(もりた ゆうき)氏

アーティスト
森田 悠揮/Yuuki Morita

2013年よりフリーランスのモデラーとして活動を開始し、以降クリーチャーデザイナー・デジタルスカルプターとして国内外で多くの作品でキャラクターのデザインと造形を手掛ける。

2019年よりアーティストとして、NYやAbu Dhabiなど主に海外の美術展などで自身の作品を発表している。

受賞歴として、学生時代にCG Student Award(現Rookies)、Beautiful Biarre Art Prize 2019など。
著書『the Art of Mystical Beasts』

会場、開催日時等

日程:2019年12月8日(日) 13:00~14:30 (開場:12:45)

会場:デジタルハリウッド東京本校 駿河台ホール(千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F)

定員:150名(先着順)  ※定員に達し次第受付終了

『映像制作を仕事にする理由』の参加申し込みはこちら

第1回は200名が参加されました。今回の定員は150名ですぐに埋まってしまう可能性もあるので、申し込みはお早めに!

映像制作の仕事展 x デジタルハリウッド | 本科デジタルアーティスト専攻開講記念「映像制作を仕事にする理由」

イベント『映像制作を仕事にする理由』の第1回の様子について

CGWORLDのウェブサイトにて、田島 光二氏が登壇された第1回の様子が記事になっています。

実力がある方の登壇内容なので是非ご覧ください。

田島光二がクリエイターの卵たちにエール! 映像制作の仕事展×デジタルハリウッド「映像制作を仕事にする理由」レポート | 特集 | CGWORLD.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク