tyFlow – 3dsMaxの凄いエフェクトプラグインが無料ベータ版公開

2019年7月23日

スポンサーリンク

tyflow
tyFlowを使った作品の数々

tyFlow という、3dsMaxの凄すぎるエフェクトプラグインが無料オープンベータ公開中です!

tyFlow 例えばでこんなエフェクトが作れます

3dsMaxのプラグイン tyFlow を使うと、こんなエフェクトが作成出来ます。ぱっと見、Houdini使ったんじゃないかと思ってしまう程の複雑なエフェクトです。

いやぁ… tyFlow すごいですねぇ…。Maya版ないの?Houdiniを使うのもいいですが、普段使っているCGソフト上でこういったエフェクトを使えるといいですねぇ…。別のソフトを高いライセンス料も抑えられたり、 使い慣れたCGソフトで操作出来ますし。会社ならともかくフリーランスの方には重宝しそうです。

tyFlow の機能についてはこちら

ほぼ機械翻訳ですが、tyFlow の機能について掲載しておきます

  • PFlow演算子は再作成され、すべて完全にマルチスレッド化されています。
  • さらに、粒状ソルバー、クロス、ロープ、適切なパスフォロー、DLAの増加、制約など、多くの新しい演算子が追加されました。
  • パーティクルの軌跡、近傍、コンストレインなどをスプラインメッシュに変換するためのスプライン演算子および高速スプラインメッシュ修正子。
  • 最新のPhysXサポート。
  • ボロノイ破砕、レンガ破砕、ブール破砕、凸面分解など、すべてが組み込まれています。
  • すべてのPFlowのO(n ^ 2)操作が適切に高速化されました(メッシュ衝突、最近傍探索、サーフェスロック/結合など)。
  • シーン内に隠しPFlowオペレータ/イベントノードを管理する必要がなくなり、各フローは完全に自己完結型になります。
  • 追加の制御がすべての基本演算子に追加され、各演算子にはタイミング起動制御があります。
  • ネイティブのc ++とほぼ同じ速度で実行され、マルチスレッドスクリプトをサポートするC#スクリプト演算子。
  • VRayインスタンスレンダリングのサポート、ビューポートでのGPUのインスタンス化(ビューに何億ものポリを簡単に表示できます)。
  • Houdiniがその場でものをキャッシュするのと同じように、 tyFlow 超でも高速の自動キャッシュ。
  • PhoenixFDグリッドサポート、PRTインポート/エクスポート。
  • シミュレーションのリタイミング
  • xMeshのような他のシステムよりもファイルサイズが数百/数千倍小さいカスタムファイルキャッシュシステム。
  • 自動リアルタイムタイムラインキャッシング
  • 木目/布/ロープ/ etcをシミュレートするための高速でOpenCLで加速された制約ソルバー
  • パーティクルの軌跡、近傍、コンストレインを動的スプラインに変換するための組み込みツール
  • 素早いパーティクル初期化と階層キャッシングのためのシミュレーションカスケードをサポート
  • 内蔵の群衆シミュレーションツール
  • 動的メッシュ破砕および破砕オペレータ
  • 完全なパーティクル制御のためのマルチスレッドC#スクリプトのサポート
  • PRT /オブジェクト/キャッシュの組み込みエクスポート
  • Nitrousと統合され、ビューポートインスタンス化をサポート
  • VRayと統合され、レンダリングインスタンス化をサポート
  • エクスポートをレンダーファームにバッチ処理するためのDeadlineと統合されています。

tyFlow 製品版がリリースされた場合の販売価格などはまだわかりませんが、無料で触れる今、覚えまくるチャンスかもしれません。

tyFlow のオープンベータ版のダウンロードはこちら

http://docs.tyflow.com/

Tyflow チュートリアル動画

もし、Tyflowについて学びたい場合は、こちらのチュートリアル動画が参考になるかもしれません。

Tyflow 破壊系のチュートリアル動画3本

Tyflow 破壊系のチュートリアル動画3本
Tyflow 破壊系のチュートリアル動画3本

関連記事

流体物理エンジンに対応!AfterEffects定番プラグイン『Trapcode Suite 15』をリリース

スポンサーリンク

スポンサーリンク