映画『ロビン・フッド』の効果音はこうして作られた

2014年6月20日

スポンサーリンク

映画『ロビン・フッド』の効果音はこうして作られた

たまにはCGとは別の効果音の記事です。
ご存知の方も多いと思いますが、
映画の殆どの効果音は、Foley Artistによって後で作成された物。
実際に使った小道具やそれらしい音が出そうな小道具等を組み合わせて、
効果音が作成されています。
映画『ロビン・フッド』の効果音を手掛けた、Foley ArtistのGary Hecker氏。
実際にどのような小道具でどのように撮影されたかを見る事が出来ます。
時には馬の荒い息や吹雪の風切り音等も口真似で録音するようです。


ちなみに、Foleyとはなんぞや?というと、
この手法を最初にやり始めたJack Donovan Foley氏の名前が由来らしいです。
関係無いですが、Gary Hecker氏、
凄く立派な二の腕してますね…。

CGトラッキング 関連リンク

Sound Worksの公式HP
Foley (filmmaking)
Jack Foley (sound effects)

CGトラッキング 関連記事

【その他】 AVATAR、『ターミネーター2』の効果音だけを使って作られたBGM等

スポンサーリンク

スポンサーリンク