【3DCG】 ジム・キャリー主演 Disneyの3D映画 『Christmas Carol』

2014年6月20日

スポンサーリンク

【3DCG】 ジム・キャリー主演 Disneyの3D映画 『Christmas Carol』
情報提供:melon

melon様からDisneyの3DCG映画『Christmas Carol』という映画の情報を頂きました。
本作は3D上映となるそうです。


ジム・キャリー主演 Disneyの3D映画 『Christmas Carol』
リンク先で『Christmas Carol』をチラ見する事が出来ます。

ロバートゼメキスとジム・キャリーのインタビュー
melon様からインタビューの翻訳文も頂きました。ありがとうございます。
————————————–
ゼメキス:私はずっとクリスマスキャロルのファンであり、理由を考えてみた時、
この話はすぐれたタイムトラベルの話であることに気がつきました。
また小説を読むと、今のようなテクノロジーが存在しない(VFXのことを
言っているのだと思います)時代に書かれたにもかかわらず、信じられないほどリアルです。
奇妙な美しい描写で、スクルージの身におきることを描いています。

インタビュア:ディケンズが描いた世界をパフォーマンスキャプチャーで
見せる事についてはいかがですか?

ゼメキス:アクターをイメージ通りの異なる年齢にみせることができます。

ジム:スクルージの7歳~65歳、70歳までの4つの年齢と3人の精霊(幽霊)の演技をしました。

ゼメキス:これにより3人全ての精霊の中にスクルージの本質を見ることが出来ます。

ジム:指を含め、体全体を使う、こ演技はとても楽しい物でした。
こんな風に首をさげ、肩を上げてえするような演技などは、時として苦しいこともありました。
「おまえは大嫌いだ。」笑
————————————–

ウィキペディアによると、物語の概要は以下の通り。
————————————–
作品の主人公は、エベネーザ・スクルージという初老の商人で、
冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴で、人間の心の暖かみや愛情などとは、
まったく無縁の日々を送っている人物である。
ロンドンの下町近くに事務所を構え、薄給で書記のボブ・クラチットを雇用し、
血も涙もない、強欲で、金儲け一筋の商売を続け、隣人からも、
取引相手の商人たちからも蛇蝎のごとく嫌われている。

明日はクリスマスという夜、事務所を閉めたあと自宅に戻ったスクルージは、
かつての共同経営者で、十年前に亡くなったマーレイ老人の亡霊の訪問を受ける。
マーレイの亡霊は、金銭欲や物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるか、
自分自身を例としてスクルージにさとし、スクルージが悲惨な結末を回避し、
新しい人生へと生き方を変えるため、三人の精霊がこれから彼の前に出現すると伝える。
————————————–

melon様翻訳までして頂きありがとうございました。


CGトラッキング 関連記事

【2DCG】 映画『Coraline(コラライン)』のメイキング デモリール
【3DCG】 ウォッチメンのメイキング等展示!プロダクション『MPC』のサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク