再現度高い!MayaでCGのレゴブロックを作れる低価格ツール『BrickIt』

2019年4月7日

スポンサーリンク

Mayaでレゴブロックを作れるBrickItについて

BrickIt – Lego Creation Script for Maya – Trailer

様々な形をしたレゴブロックをプリセット化し、簡単にインポートや色の変更が出来るツールのようです。
マテリアル周りも最適化されているようで、色を指定してレンダリングすれば、もうリアルなレゴブロックです。

こんなパフォーマンスも

レゴの組み立て説明書を見ながら、MayaでもCGモデルとして再現させています。

複雑なパーツもありますが、ちゃんと再現されています。

『BrickIt』についての仕様等

対応Mayaバージョン:2018以降。
レンダラー:Arnold Mtoa 3.1.1。これはポリゴンの角を丸くさせる、aiRoundCornerノードを使用している為との事。
価格:30ドル。

現在でも多数の形をしたブロックが用意されていますが、今後数か月で新しいブロックや機能の追加を頻繁に更新していくとの事。
また、今後は価格が上昇する可能性があるとの事です。

BrickItのご購入はこちらから

その他付属品や注意事項などはこちらをご確認下さい。
https://gumroad.com/l/BrickIt

スポンサーリンク

スポンサーリンク