【その他】 スーパーハイビジョン CGクリエーターは覚悟してください…

2013年2月27日

スポンサーリンク

スーパーハイビジョンの映像がNHKの『技研公開2007』で一般公開されます。
スーパーハイビジョンの映像がNHKの『技研公開2007』で一般公開


スーパーハイビジョンは2025年頃に一般家庭に本放送される予定。

スーパーハイビジョンの特徴は以下の通り。
・解像度:7,680×4,320ドット
  CGクリエーター泣かせです…。

・フレームレート:60P(ノンインターレス)
  今までも30iのCGを作る時は60P分作るので、ここは無問題。

・音声:22.2ch(上層9ch、中層10Ch、下層3ch、LFE 2ch)
  スピーカー何個…。

映像電波の転送レートも向上されます。
100~400Mbps(最大500Mbps)

と言われても、あまりパッと来ないので、他の物と比較してみましょう。
DVDの転送レート:9.8 Mbps
地上波デジタル :15 Mbps
ブルーレイ1倍速:36 Mbps

意外にも現状の地デジのフルHDでも、
場面によってはブロックノイズが目立つので、
画質が良くなる事はいいのですが、
7,680×4,320ドットは辛いですね…(笑)

スーパーハイビジョンの次は立体テレビだそうです。
もうCGレンダリングをどうするのか訳が分かりません…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他

Posted by taketyu