どうなってんの!?1枚の画像から動く3DCGモデルを生成する凄い技術

2019年4月7日

スポンサーリンク

『Photo Wake Up』という技術が凄いです。
1枚の画像から3DCGモデルを生成出来ます。

『Photo Wake Up』について簡単に解説

このバスケット選手の写真は…。

自動的に3Dモデルが作成され、走り出しました。

人の形であればピカソの位の絵でも…。

この通り。

処理工程

写真を用意します。

被写体に3Dモデルを重ね合わせます。

3Dモデルの体のパーツにラベル付けし、どこが右腕、どこが左足といった情報を認識させます。

3Dモデルをより被写体に近づけます。

CGモデルに関節やアニメーションをする為の仕込みを行います。

それぞれの関節に対し3Dモデルが自然に変形するよう、設定を行います。
CG用語ではスキニングウェイト等といいます。

テクスチャーを貼り付けます。
基本的に3Dモデルの正面から貼り付けているようですが、3Dモデルの際に背景のテクスチャーも少し付いてしまった場合は自動的に修復しているそうです。

飛び出した際に、写真に被写体が残らないよう、写真の中の被写体も合成を使って消します。

このように飛び出しました。
また、ひとつ前の工程で写真から被写体を消したので、写真には元の被写体が写っていない事が分かります。

『Photo Wake Up』の動画はこちら

Photo Wake-Up: 3D Character Animation from a Single Photo

CG屋さんのお仕事が減っていく…。

関連リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク