セルシェーディングも作成可能!『猫でも分かるUE4のポストプロセスを使った演出・絵作り』スライド公開!

2019年4月7日

スポンサーリンク

8月5日に行われました、株式会社ヒストリア主催の「出張ヒストリア! ゲーム開発勉強会2018」。

その中で Epic Games Japan 岡田和也氏が行った講演、『猫でも分かるUE4のポストプロセスを使った演出・絵作り』のスライドが公開されました。

ポストプロセスとは

ポストプロセスとはレンダリング結果を更にリッチにするための画像処理の事です。ポスプロや、ポスト処理等とも呼ばれます。

例えば、画像の輪郭を滑らかにする為のアンチエイリアス、立体感・接地感を出すためのアンビエントオクルージョン、雰囲気を出すための画像全体の色調整、アニメ調に変換するセルシェーディング等といった処理がポストプロセスとして処理されます。

このスライドはUnrealEngine 4を使った、ポストプロセスを解説しています。

スライドはこちら


なんと253ページの大ボリューム!!
UE4のポストプロセスの標準的な使い方から様々なサンプルやTipsの紹介、さらにはゲームや映像に活かせる映像表現の知識が丁寧かつ詳細に解説されています。

パラメータの種類がありすぎてどこに手を付けていいかわからない・・・、ということになりがちなポストプロセス。
このスライドで学んで1ランク上の映像表現を実現しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク