ついにMaya2019!新情報が掲載されてるぞー!

2019年4月7日

Maya2019がリリースされます。

まだ、Mayaの公式トップページにはMaya2019に関する情報は掲載されていません。
しかし、Maya2019の日本語ヘルプは用意されており、そこにMaya2019の新機能等が掲載されています。

ビューポート 2.0の強化、グラフエディターの改善等が行われています。

上の画像見ると、ビューポートが綺麗になってる!と思ってしまいますが、レンダービューなので注意…。

長い間待ったけど、『待った甲斐があったー!』という機能は無いような…。
アニメーション関連の作業スピードを向上したのはいいかも。

例年通りなら2018年夏ごろにMaya2019リリースと思われたが…。

Mayaはいつもバージョン名の年の半年前にリリースされていました。
過去の例で言うと、Maya2018は2017年夏リリース、Maya2017は2016年夏リリースと言った具合にです。

しかし、どういったわけか、Maya2019に関しては2019年になっちゃってからのリリースになってしまいました。
待った割には新機能があんまりないな…といった反応もチラホラ見られます。
正直な所、小生もそう思いました…。

ただ、バグフィックスを見ると、大量のバグ修正は行われているようなので、安定性と速度向上に絞ったと考えてもいいのかもしれません。

Maya2020は来年の2020年1月なのかな…。まさか、2019年夏じゃないよな…。

Maya2019のダウンロードは可能

Maya2019に対する皆さんの反応

Maya2019の新機能はこちら

【豆知識】自宅でAutodesk製品を使う方法

ホームユースライセンスを活用すれば自宅でAutodeskが使えるようになります。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

Autodesk製品を自宅で。ホームユースライセンス

2019.01.16

スポンサーリンク

Maya

Posted by taketyu