世界で最も精巧な頭部CGモデルデータ。東大が無償公開されたのでダウンロードしてみた。

2019年4月7日

スポンサーリンク

世界で最も精巧な頭部CGデータを東大が無償公開しました。
小生もダウンロードしてみました。

1200時間が費やされた頭部CGモデルデータ

この頭部CGデータは、最新のCG技術と脳神経外科医の知見を集約し、医療の現場に必要とされるレベルの情報を3DCGとして作製されています。
脳神経外科医3名と3DCGモデラー4名によって開発され、延べ1200時間以上費やされたとの事。
作成された3DCGは1000パーツ以上となっていますが、今後随時アップデートされていくそうです。

脳のCGデータは脳皮質、脳幹、脳神経といった15個の部位に分類されており、OBJデータの数は2,216個ありました。
Mayaデータに全て統合してみましたら、3.1GBものシーンデータになりました。
ポリゴン数は三角ポリゴン換算で約9,300万ポリゴンありました。

分類された頭部CGモデルをレンダリングしてみました

大脳皮質・小脳皮質のCGモデルデータ

オブジェクト数が少ないように見えますが、91個のポリゴンデータで構成されています。

大脳の一部を非表示にすると、この通り中のパーツまでモデルデータが存在します。

そしてこちらが小脳のCGデータです。

脳槽のCGデータ

この木の根っこのようなパーツは、脳槽との事。7個のポリゴンデータで構成されています。

硬膜のCGデータ

脳の外側にある脳膜とその他は27個のポリゴンデータで構成されています。

篩骨(しこつ)のCGデータ

鼻、目の奥にある篩骨といれれる部位のCGデータ。66個のポリゴンデータで構成されています。
真ん中にある、たから貝のような形のデータは片方250MBとかなりヘビー級のデータになっていました。

白質線維のCGデータ

白質線維は77個のポリゴンデータで構成されています。

大脳辺縁系のCGデータ

大脳辺縁系は38個のポリゴンデータで構成されています。大きいパーツな何故かローポリゴンでした。

鼻腔、咽頭、眼球、脳神経のCGデータ

キャラクターを作るとき、口の中は適当に作っていたけど、これは参考になるかも。

頭蓋骨と血管のCGデータ

後頭部に血管が結構集まっているんですね。

頭部CGデータ全て表示してレンダリングしてみました

世界で最も精巧な頭部CGモデルデータのダウンロードについて

ダウンロードには会員登録が必要になります。
利用規約をお読みの上、ダウンロードしてください。

使用目的、のみ引用しておきます。

使用目的
本データベースは、本ウェブページに会員登録された方のみが使用できます。
本データベースは非商用かつ、研究もしくは教育用途でのみ使用を認めます。この用途で使用する限りは本データベースの編集や加工処理も構いません
。開発者に断りなく、本データベースを複製、編集、加工もしくはその他何らかの処理後であっても商用使用は認めません。
商用使用を目的とする場合や判断に迷われた場合には、お問い合わせください。

世界で最も精巧な頭部CGモデルデータのダウンロードはこちら

太っ腹な無償公開関連

シカゴ美術館が著作権保護期間の切れた芸術作品52,400点がウェブで無料公開しています。

ゴッホも葛飾北斎も!著作権切れの52,400点の作品が無料でウェブ公開。ダウンロードも可能。

2018.11.05

また、歴史的な石膏モデルの3Dデータを著作権の制限なしに無償公開しています。

約100点!石膏の3Dスキャンモデルを無料配布しいている『Three D Scans』。著作権の制限無しとの事。

2018.11.06

スポンサーリンク