V-Ray 5 for 3dsMax。新機能Light Mixについて

スポンサーリンク

V-Ray 5 for 3dsMax。新機能Light Mixについて
V-Ray 5 for 3dsMax。新機能Light Mixについて

先日突如として発表された、V-Ray 5 for 3dsMax。

Chaos Groupの公式ブログについて、V-Ray 5の新機能の一つである、『Light Mix』について触れている記事がアップされています。

V-Ray 5のLight Mixについて

V-Ray 5 ではV-Rayフレームバッファー(VFB)の新しいツールと新しいUIが導入されます。

すっきりとしたデザイン、改善されたレイアウトに加え、レイヤー合成とLight Mixがあります。

Light Mixはレンダリング後に、簡単に再ライティングすることが出来ます。

レンダリング後に、ライトの強さや色味を調整する事が出来ます。

一応、この手法としてはLight Select Render Elementを使えば可能ではありました。

ただ、各ライトに手動でLight Selectの設定を行い、更にコンポジットソフトを使う必要がありました。

このLight MixではV-Ray フレームバッファ上で行う事が出来ます。

ライティング作業短縮にもなるかも

このV-Ray 5 のLight Mixを機能を使えばライティング作業も短縮できるかもしれません。

例えば、キャラをライティングする時も、適当に多めに配置したライトで一度レンダリングし、V-Rayフレームバッファでライトの強さや色味調整。使わないライトはOFFってみたり。

強さや色が分かったらそのライトの数値をフィードバックして本番ライトとしてレンダリングみたいな。

徐々にレンダリングが早くなってるとはいえ、少しでも早く楽にライティングしたいですからね。

V-Ray 5 for 3dsMax版はベータの早期アクセスに参加出来ます

V-Ray 5 for 3dsMaxベータ版の早期アクセスに参加出来ます。

Chaos Grousのアカウントは必要ですが、誰でもダウンロードが出来るようです。興味のある方はお試しあれ。

V-Ray 5 for 3ds Max, beta — Available now

V-Ray 5 for 3dsMax版はベータの登録はこちら

V-Ray 5 for 3ds Max Beta | Chaos Group

ボーンデジタル
¥4,400 (2020/06/06 03:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク