エヴァ制作の株式会社カラー。主力CGツールをBlenderに移行へ。

スポンサーリンク

エヴァ制作の株式会社カラー。主力CGツールをBlenderに移行へ。
引用元:engadget

Blender2.8がリリースされてから、更に盛り上がっているオープンソースのCGソフトBlender。

先日UBIのアニメーション部門が主力ツールをBlenderに切り替える事を発表し、これも話題になりました。

国内でもBlenderへ移行する動きが出てきています。

Blenderへの移行を進めるのは、エヴァを制作する『株式会社カラー』

株式会社カラーは先日Blender開発基金への賛同として、Blender財団に開発資金を提供する事を発表しました。

[sc name="Ad"]

カラーがBlenderに移行する理由

海外ですらBlenderに移行するケースは珍しいことで、事例の少ない現時点で移行は思い切った判断が必要かと思います。

しかし、カラーのBlenderへの移行理由を聞くと、なるほどなと思う所があります。ざっくりと説明するので詳しい内容は情報元のengadgetの記事(リンクは本記事下)をご覧ください。

3ds MAXという1種類のツールでやっていくのが難しいくなっている

カラーの主力ツールは3dsMax。現在制作中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でも主力ツールとなっています。

3dsMaxを導入する会社って中規模から小規模が多く、多くの会社の依頼する分、管理コストが高くなるとの事。

CGソフトのコスト

Autodeskの3dsMax、Mayaといった業務用CGツールは非常に高価。

AudodeskのCGソフトは 1年間のサブスクリプション契約で1本254,880円。そのCGソフトを扱うスタッフ数が10人いれば単純計算で2,548,800円になります。

しかもこのコストは時々値上がりしていきます。

Blenderは無料で扱う事が出来るので、かなりのコストダウンになります。また、最近のBlenderの追加機能は魅力的なものが多く、高価なCGソフトにはない機能も備わっています。

アニメに最適な『グリースペンシル』が決め手

グリースペンシルとは3D空間上にペイントできるBlender独自の機能。

グリースペンシルを使ってみよう:エクスペリメントラボ(仮)

この機能はアニメ制作において、素早く絵を直すことができ最適だったとの事。

[sc name="Ad"]

まとめ

記事を読めば読むほど、Blender移行への魅力が伝わってきます。

カラーに続いてBlenderに移行する会社も増えていくかもしれませんね。

情報元

「やっと3Dツールが紙とペンのような存在になる」エヴァ制作のカラーがBlenderへの移行を進める理由とは?(西田宗千佳)

スポンサーリンク

スポンサーリンク